vanillatragedy:

divine | via Tumblr unter We Heart It.
pureblyss:

FALL. come soon s’il vous plait.
“茶の湯の世界では、「おもてなし」には、下記の3つの原則があるという。 1.準備を整えて客を待つ(仕度の原則) 2.くつろげる空間を演出する(しつらえの原則) 3.ゲームのルールを共有する(仕掛けの原則)  おもてなしは、まずは主人が取り仕切ることからはじまる。主人は、準備を行い、空間を演出し、客をまつ。あらかじめ前もって行う準備のことを「用意」という。  しかし、おもてなしの本質は「主人」だけにあるのではない。上記3のルールを共有した「客」と「主客一体」になって、相互行為として達成される、というところが最大のポイントである。これを「卒意」という。  おもてなしには、「用意」と「卒意」が必要である。つまりは、主人と客が、アドホックに機転を利かして場を構成する。  おもてなしが成功するかどうかは、主人だけにかかっているのではない。主人と客のインタラクションの中に、おもてなしがある。  「主人と客がともに一回かぎりの機会を思いやりをもって取り組もう」という「一期一会」、それにより「主人と客が心が通い合う状態」が生まれる「一座建立」は、こうしたインタラクションによって達成される。   ▼  これは、おそらく、演芸や茶の湯といった世界だけに言えることではない。  フォーラム、セミナー、ワークショップというものでも同じだろう。きちんと主催者側が準備をしても、「お客さんが卒意をきかせてくれない場合」には、「よい場」にはならない。  もちろん、そもそも「用意」ができていない準備不足のイベントは多々ある。そういうものは論外にしても、いくら準備をしても、その場の成功は、主人だけで決定されるわけではない。  イベントを経験して、「あんまり面白くなかった」と感想を述べるのは簡単だ。  しかし、その場の構成のため、      あなたは「何」をしたのだ?  そういうことを考えてみる必要があると思う。”
maroando:

.
makafushigi:

食通街 by Neconote on Flickr.
2000-lightyearsfromhome:

Vladimir Sichov